青汁は今や市民権を得ています

ほんの20年ほど前までは、青汁と言えばあまり美味しくないとか、健康に気を使う年配の人が飲むものだというイメージだったと思いますが、今ではすっかりその姿を変えています。スーパーやコンビニでも見ることができますし、インターネットを覗けばさらにすごい種類が発売されています。では、どういったものが中に入っているのかと聞かれたときに、その中身をはっきりと答えられる人はどれくらいいるのでしょうか。主成分はもちろん緑黄色野菜の汁です。中でも大麦若葉、ケール、明日葉を中心にクマザサや私たちが日常食べている野菜が入っているものもあります。そしてこれらはすべて同じような栄養素が入っているわけではないので、特徴を知った上で選べば、さらに効果的に健康に役立てることができるでしょう。今市販されているもので、代表的な野菜が先ほども挙げた、大麦若葉、ケール、明日葉です。大麦若葉は穂をつける前の大麦の葉で、苦みなどもなくとても飲みやすく、わりと色々な栄養素がバランスよく含まれています。特に鉄分や食物繊維は、他のものより豊富です。ケールはキャベツの仲間で、昔から青汁の材料として重用されてきました。青臭さがあるので少し飲みにくさもあるのですが、ビタミンCやカルシウム、Bーカロテンの量は特筆すべきものがあります。そして明日葉ですが、今日摘んでも明日には新しい葉を出すという由来がある通り、とても生命力に溢れた野菜です。耳慣れない野菜ですがセリ科の植物で、爽やかな香りですが少し苦みがあります。どの栄養素もバランスよく含まれていますが、何より明日葉特有のカルコンというポリフェノールの一種が、血栓予防や血糖値降下、抗酸化など様々な効能を持っていて、体内の老廃物の排出に役立つので生活習慣病に効果がありそうです。このように一口に青汁と言っても、様々な特徴があります。せっかく飲むのですから、よく調べて、より自分に合ったものを飲みたいものです。

自然の恵みたっぷりの青汁で健康生活を

日本人の食生活は昔に比べると大きく変化したと言われています。和食中心の食生活から肉料理やパスタ、ラーメンなど、油脂分や塩分の多い食生活にシフトしてゆきました。食の楽しみが広がった一方で、栄養が偏りがちになり食物繊維が不足しているのが現在の食生活の現状なのです。 こういった食生活の悩みを解消するには、野菜や果物を積極的に食べることが一番なのですが、忙しい現代人はゆっくり食事を作る時間が取れず、どうしてもインスタント食品や外食に頼りがちです。そんな方のために効率的に摂取できるよう考えられたものが青汁です。青汁は野菜の栄養分を壊さずに、ビタミンや食物繊維・ミネラル分をまるごと摂取できるように特別な製法で作られた栄養補助食品なのです。 こういった飲料はCMなどでも宣伝されているように「苦い・飲みにくい」という印象を持つ方も少なくありませんが、現在では製法技術も向上し、苦みを抑え野菜本来のうま味や甘味を生かし、抹茶のように飲みやすい製品も開発されています。大人から小さな子供まで安心して飲めるように工夫がされているのです。 また水や牛乳で割って飲むのが知られた飲み方ですが、お菓子作りや料理にも利用することができるのです。そのまま飲むのに抵抗のある方でも、お菓子やホットケーキに混ぜ込んで作れば、ほんのり抹茶風味の栄養たっぷりスイーツを作ることができます。野菜嫌いな小さな子供には喜ばれる方法です。 製法にもこだわりがあり、無農薬・無添加で国内産の野菜を100パーセント使用しているものがほとんどなので、安心して飲むことができるのも魅力です。毎日継続して飲むことで、ビタミン類や食物繊維が体内環境を整え、病原菌やストレスに強い身体を作るのです。 最近の青汁は、顆粒状や冷凍など好みに応じて様々な飲み方・使い方を選択することが可能です。日ごろからストックしておけば、少し野菜が不足したかなと感じたときにサッと飲むことができます。 健康的な食生活を送るためにも、こういった製品で栄養分をサポートするのも賢い方法と言えます。

いろいろな種類のある青汁の比較は吸収率で決める

健康のために欠かせないものが青汁です。昔から身体にいいとされている代表的なものです。昔からあるということは本当に効果があることを証明しているのです。しかし青い野菜を買ってきて、すりつぶして飲むという昔のスタイルを続けることは難しくなっています。それだけかかる手間隙がなかなか大変なこともあります。今ではいろいろな会社から手軽に飲み続けることができるように、サプリメントが開発されています。毎日続けることができるように値段も手ごろとなっています。使われる材料も豊富でケールや大麦若葉を主体としているものや複数の青野菜をブレンドしているものが人気となっています。青野菜に含まれている栄養素がとてもすばらしく、多くの人がその栄養素を摂りたいと考えています。ですから生のものを我慢しながら飲む人やとにかくおいしく飲むために味にこだわって選ぶ人もいます。より多くの栄養を摂るために複数のブレンドされて物を選ぶ人もいます。どれがいいのか人それぞれの食事を考えることが一番ですが、それ以外にもっと重要なことがあります。それは吸収率です。青汁はどれでも同じではなくなってきます。吸収率が悪ければせっかくのいい栄養素をほとんど摂ることができなくなってしまい、健康効果が期待できなくなってしまいます。多くのサプリメントには野菜に含まれている栄養が表示されています。その栄養を摂っていると感じるかもしれませんが、吸収が悪ければ意味がないのです。食べ物はすべて吸収しているわけではありません。どんなものでもそうです。ですがせっかくのサプリメントです。吸収のことを考えて作られたものもあります。せっかくですから青汁を選ぶ時には吸収率を比べてみてはいかがでしょう。吸収率を上げるには生のものを絞ったものがいいのです。しかしすべてのものがそうだとは限りません。また吸収率を上げるためにほかの栄養素が足されたものなどがあります。吸収率のこだわっているものがおすすめです。